店主のつぶやき

つぶやきデトックス

【23日金曜日】
朝からしっかり雨です。
今日も暇かなこりゃ

【22日木曜日】
味噌ラーメンの味噌たれに使う
国産無添加ラードを注文しました。
味噌ラーメン作ったことが無いので
どうなるかわかりませんがやってみます。
味噌たれも2週間ほど寝かさないとなので
味見できるまで時間がかかります。
味噌がうちのスープに合うかどうか...。

【21日水曜日】
今日はお休みです。
梅そばがとても好評なので、
南高梅が終わりそうでしたが追加発注します。
もうしばらくやります。
梅そばにトッピングされている
炙り鴨のたたきも旨いと好評です。
こちらはお持ち帰り商品で販売してます。

【20日火曜日】
毒を吐きます。
会社の飲み会の後によってくれたのはいいのですが、上司が注文したものが出てくるまでお預け状態で待つのはやめて下さい。
うちの麺は、スープを吸いやすくするために
低加水の細麺を使っています。
スープを吸いやすいということは、伸びやすいのです。
最初は醤油を立たせ、切れのある味わいにしてます。
そこから少しずつ麺が伸び、小麦が溶け出し
まろやかな味わいに変わっていくよう作っています。
令和の時代にまだそのような文化がこの日本に残っていたとは驚きました。
上席の者は話に夢中になってないで
「美味しいうちに頂きなさい。」
となぜ言えないかなぁ
「先に食べてください。味が変わってしまいます。」
見かねて言いました。それをされるのは本当に切ないです。
もし、文句を言うような上司ならば
ガツンと言ってやります
「お前に食わせるタンメンは ねぇ」by河本

【19日月曜日】
再びヨーロッパで新型コロナが流行ってます。
寒くなって窓が開けられなくなるので、
空気洗浄機を3台導入します。
今、コロナで売り切れ状態だそうです。
納品まで1ヶ月かかるそうなので
思い切って注文しちゃいます。

【18日日曜日】
朝晩と寒くなってきました。
温かいものが食べたい季節がきます。
熱々の中華そばをご用意して
お待ちしています。
「鴨すき」「鴨てつ」の予約方法を検討していますが、まずは中華そばを食べに来てくれたら嬉しいです。

【17日土曜日】
本日休業です。
カウンター席のみで営業しています。
初めてご来店のお客様は、入店前に入り口の掲示板を読んでもらえると助かります。
ワンオペ営業ですので、お客様のご協力が必要です。
宜しくお願い致します。
また、ご来店のお客様
いつもご協力いただきまして
誠にありがとうございます。

【16日金曜日】
電子マネー対応付きの券売機の見積もりが届きました。
約120万円、、、。
それなりの中古車が買えます。
店がつぶれます。
毎月の手数料も結構かかるので、
現金対応のみの機種で導入を検討してみます。

【15日木曜日】
本日より 期間限定
「炙り鴨の梅そば 1,300円」発売します。
紀州南高梅の塩味と風味を楽しんで下さい。
スープには小さじ半分のみ
石川県珠洲の揚げ浜塩を入れます。
はじめはかなり薄味ですが、
スープの素材の旨みをダイレクトに感じられます。
そこからは梅干しをお好みの塩味までほぐしながらお召し上がりさい。
紀州ぶどう山椒との相性もばっちりです。
紀州特産同士の味わいを堪能下さい。
残った梅とスープを鴨めしにかけると
また旨かったです。
新しい大人の塩ラーメンです。

【14日水曜日】
今日はお店休みです。
早朝から明日に向けて仕込みしてます。
ワンオペがなるべくスムーズにいくよう
券売機を早めに導入しようと思います。
が、
いかんせんお金がない。
高いんですよ値引きされて60万円越えです。
死ぬ。
車買えますわ。

【13日火曜日】
「鴨てつ」お問い合わせ多数
ありがとうございます。
鍋を探してます。なかなかいいサイズが見つかりません。
今しばらくお待ちください。
期間限定「炙り鴨の梅塩そば」
発売予定です。
紀州産白干し梅をほぐしながら
梅干しの塩味で食べる大人の塩中華そばです。

【11日日曜日】
テイクアウト商品の
「炙り鴨のたたき」「鴨のレバ刺し」「中華そば」
ご購入のリピートありがとうございます。

つぶやきレシピ

【味玉の作り方】
まずは漬けタレから。ご家庭ならこの1/2くらいで大丈夫かな?

濃口醤油(できれば本醸造) 200㎖
みりん           200㎖
酒(できれば純米酒)    100㎖
つまり、醤油2・みりん2・酒1の割合で、たまごの数で調整してください。ジップロックの袋でつける場合は、漬けタレ少量で大丈夫です。たまごの数で調整してください。

調味料を合わせて沸騰してから弱火で30秒から1分煮ます。アルコールを飛ばします。
冷めたら昆布をひとかけ入れます。
冷蔵庫で一晩以上寝かします。できれば2〜3日。
味がなじまないと酒の味が強く出ます。
漬けタレ完成です。

@たまごは冷蔵庫で冷やしてください。
Aお湯を沸かします。
(沸騰したら酢をほんのちょっと入れます。酢を入れるとたまごに亀裂が入っても、白身がすぐ固まります。)
Bたまごにがびよ等で穴をあけます。
C沸騰したお湯にたまごを静かに入れます。
D7分茹でます。この間に氷水を用意します。
(たまごを転がしながら茹でると、黄身が真ん中になります。家庭では火が弱いので、15〜30秒長く茹でてもいいかと、でも基本7分でやってみてください。)
E7分たったら氷水に入れます。20分ほど待ちます。氷が少ないと予熱で黄身まで熱が入ってしまいます。
Fたまごどうしを軽くぶつけて殻に細かなひびを全体に入れます。
Gお水の中で丁寧に殻をむきます。お水の中でむくとキレイにむきやすいです。
H作っておいたタレに漬けます。1晩くらいでいいと思います。味を濃くしたい場合は長く漬けてください。長く漬けるほど黄身が固まります。お好みで調整してください。お店では、隠し味にタレにあるものを入れてます。

お試しください。聞きたいことがあったらお店で気軽に声をかけてください。